ウェブカツ

ウェブカツにて10日プログラミングを勉強してみたので、良し悪しをレビューしてみる【javascript・jQuery部 入門を終えて】

投稿日:

ウェブカツの女性割引にて勉強中の「ぷちまま(@8JCPS844tsX5wLI)」です。

 

ここでは、ウェブカツ勉強中の私が、

プログラミング勉強してみようかな

ウェブカツが気になっている

という方に向けて、良いも悪いも、赤裸々にレビューしていきたいと思っています。

 

ちなみに私はというとウェブカツ周りにて、プログラミングを猛勉強中。

(1日の勉強時間は平日が7時間ほど、休日は家族との時間なので、0時間です。)

現在は、基礎学習(2/19部活(javascript・jQuery部 入門編))を終えたところです。

 

2部活終了/19部活というと、

まだまだ、ひよっこやん!

と思われることと思います。

 

そうなんです「まだまだ」なんです。

正直まだ、ウェブカツの全体像を見きれれていないところも多いです。

ただ、全体の部活を見てみて、ここまで進んでみて、驚いたことがありました。

そこで、ここでウェブカツのレビューしつつ、驚いた内容についてもお話ししていきたいと思います。

(ちなみにこの記事は、一切アフィリエイト入れていないので、信用度は高いかと思います(笑))

 

ウェブカツとは?

ウェブカツって何?という方のために簡単に説明を。

ウェブカツとは、「かずきち」さんというプロのプログラマーの方(現在は顧問)が立ち上げた、プログラミング学習サイト。

(「プロ」ばっかり…(;^ω^))

 

大手のプログラミングスクールのように「プログラムが書けるようになる」「プログラマーとして就職」をゴールにするのではなく、

「実務経験1年で、月1000万稼げるようになる」という明確な目標を掲げて、プログラミングを教えてくれています。

詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。

ウェブカツ公式ホームページ

(Twitterで「#ウェブカツ」「#女性割引」などでハッシュタグを追うと、受講生のツイート内容が出てきます。)

 

こんなドヤ顔で話している私ですが、実は私、始め大手有名プログラミングスクールを検討していました。

プログラミングを学びたいと思った経緯はこちら↓

プログラミング初心者のぷちままが当ブログを始めた理由と、勉強して実現させたいこと(ウェブカツにて勉強中)

初めて利害関係なく、日記ブログというのを作ります。 (広告は基本載せませんが、いいと思ったものは紹介するかも。)   ここでは、私がこのブログの開設に至った経緯と、プログラミングを勉強して実 ...

続きを見る

が、あまりにも高い…&本当にフリーランスでやっていける技術を身につけられるのか…?

(あと、アフィリエイト料金が高いこともあって、やたら紹介されすぎ…、逆に怪しい…)

と思っていたところ、見つけたのがウェブカツでした。

 

ウェブカツは正直、きつい。でも力はかなりつきそう

紆余曲折あり、ウェブカツに晴れて入会したわけですが(女性割引で)、

1か月ウェブカツをやって見て思うのが、「ウェブカツは正直、きつい。でも力は確実につきそう。」ということです。

この内容を深堀してみたいと思います。

「きつい」の内容は?

「きつい」というのは、「自分でめっちゃ調べないと、ついていけない」というところです。

(「やることが難しい」面もあるようですが、まだ分からないため「調べないとダメ」にフォーカスしてお話しします。)

 

プログラミング学習サイトや、おそらく他のプログラミング学習スクールは、簡単なところから1から10まで教えてくれます。

分からなければ、メンターがテレビ電話までしてくれるところまであります。(メンターのレベルは置いておいて。)

 

一方、ウェブカツで教えてもらうのは、ざっくり言うと「方向性」がメイン。

枝葉の分からない部分は、自分で調べる必要があります。

 

英語で言うと、ウェブカツは、「英文を読んで、その意味の解釈はしてくれるけど、文法の細かい説明まではしない」という感じ。

一応質問制度はありますが、一般のスクールみたいに「メンターが手取り足取り教えてくれる」ということはないです。

 

始めは「えっ、ここもさらっと飛ばすの⁉」「理解不足になっている気が…」なんて、スピードについて行けなくなりかけていました。

ただ、枝葉の部分はググれば出てきますし、progateなどで十分分かるようになります。

(おすすめの学習方法は、下でお話ししています。)

 

ウェブカツで、「進む方向性」を示してもらいつつ、枝葉を勉強して、またウェブカツに戻ってくると、

「これもわかる!あれもわかる!」

 

このように、「進むべき矢印の幹」をまずウェブカツで教えてもらい、自分で太くしていくイメージです。

ウェブカツは中級~上級者向けのプログラムだとは感じますが、今は基礎を教えてくれる無料の学習サイトもあります。

そこで自分で枝葉を拾っていくという学習方法になります。

おすすめの無料学習サイト

progate(基礎は無料。上級部分は月額980円)

ドットインストール(基礎は無料。上級部分は月額980円)

(個人的にはプロゲートが面白く学べました。)

 

どんな力がつく?

そして、このように「枝葉を太くする力」を身につけたら、

自分でエラーを解決する力

『何が分からないのか』を解決できる力

自分で分からないところを補強できる力

(↓は入門編なのでまだ実感していないですが)

稼ぐ力(ある程度のサイトを作れるようになる力、営業力、など…)

が身につくと感じています。

 

私自身、他のプログラミングスクールを受講していないので何も言えないのですが、プログラミングスクールを探していたころ

「高いお金を支払ってプログラミングスクールに入ったのに、本をなぞっているだけ…。」

「(現役のプログラマーさんが)プログラミングスクール上がりの人、何もできない(泣)。何が分からないのかも、わかっていないから困る…。」

といった情報が目に飛び込んできました。

 

「プログラミングスクールを卒業したら、ある程度一人前にサイトを作れるようになるんじゃないの?」

と思っていた私は、思わず二度見しましたよね。

 

最近

「プログラミングは、スクールに行けば、なんでもできるようになる」

ようなブログやツイッターを目にしますが、実際は必ずしもそうなわけではないようなんですね…。

(何度も念押しですが、実体験ではなく、個人的に調べた結果です。

気になっている方はツイッターなどで、「#プログラミングスクール 失敗」なんかで調べるのがおすすめです。)

 

調べた結果ウェブカツに入会しましたが、今のところ大正解だと思っています。

 

プロゲートで「分かったつもり」になっていた私ですが、

「実際に手を動かす」ことで、「何が分からないのか、自分で調べる力」「自分で試行錯誤しながらコードを書く力」

が身につきつつあると感じています。

メモ

プロゲートは初学者には、素晴らしい学習サイトだと思っているので、悪しからず…。

 

「どういう方向に進めばいいのか」「どこまで質問していいのか」が独学では分からなかったでしょうし、教科書を延々読んででいても、かなり時間がかかったと思います。

 

「ウェブカツのすごい点」とは何だったのか?

冒頭で言った「驚いたこと」なんですが、事前情報通り、

「プログラミング周りのことを、多岐にわたって、深堀して学習できそう」

なんですね。

 

というのも、(まだPHP入門をやっていないので分かりませんが、)

「ウェブカツの入門編」=「プログラミング学習サイトprogateの上級コース」くらいのレベルなんですよ。

つまり、たった3部活/19部活で、progateの上級コース分くらいの学習ができるわけです。

 

あとは今後のスケジュールを見てみると、ウェブサービスを作ったり、あとはウェブサービスを作る上で、かなり知りたかった「ネットワークセキュリティ」についても学習ができるようです。

(他のプログラミングスクールは、「HTML&CSS」「Ruby」など言語について教えてくれそうだったけど、こういったプログラミング周りのことを詳しく教えてくれそうなところはなかった。)

 

「本気で、最短で稼げるプログラマーになりたい」という人には、願ってもない内容だと思います。

 

ただ…初心者の方には、ウェブカツいきなりは厳しいかも(この流れがおすすめ)

とはいえ、先ほどお話ししたように、正直「枝葉」の部分はさらっと流れるので、基礎力がなければついていくのが難しいかもしれません。

 

プログラミング初心者の方は、progateなどの基礎的な学習サイトから、始めてみる方がおすすめです。

というのも、視覚的に分かりやすく「プログラミングって楽しい!こんなものなのか!」と気分も乗ってくるからです。

まず、「手を動かしてみる」のが大事ですね。

(「ツライ…」「難しい…」だけではなかなか続きにくい面もあります。私も初めの1か月はprogateやってました。)

 

とはいえ、「progateを何周も」というのは、最短で稼げるようになりたい場合、少し時間がもったいないかもしれません。

https://twitter.com/8JCPS844tsX5wLI/status/1158699885115269120?s=20

 

まとめると、プログラミング初心者の方に、おすすめの進め方は、

  1. progate(HTML&CSS、JavaScript(ES5)←ウェブカツではES5を使います、jQuery、PHP)をさらっとする
  2. ウェブカツで講義を受講
  3. 1講座終わるごとに「鬼練」などでアウトプット(余裕があれば自分でサイト作ってみたり…)

がおすすめです。

 

おまけ:ただウェブカツは、いいところばかりでもないよ

正直ステマでもなんでもないですが、「本気で在宅でプログラミングで稼ぎたい」と思っている人には、ウェブカツは願ってもないスクールだと思います。

 

私も選ぶ際、まだ「本当に稼いでいる人」が見えてこない中で悩みに悩んだのですが、他にここまで教えてくれそうなスクールはなく、ウェブカツ生のツイートや講義内容を信じました。

結果のところはまだわかりませんが、今のところ、全く後悔はありません。

 

ただ、これだけは注意してほしいのですが、

ウェブカツをする方は(特に女性割引を使う方は)、「他のスクールより安いから」「お得だから」と生半可に入ると痛い目を見るかもしれません

 

というのも、女性割引適用者に与えられる課題が、結構重めだから。

(⇒次のブログ記事で、女性割引の厳しさについては、書こうと思います。)

 

「稼ぐ」に特化したスクールなので、

  • 本気度の高い人を振り分けるため
  • 今後仕事を取るにあたって、必要なスキルをここで教えるため
  • 与えられた仕事を、きっちりこなせる力を付けるため

だったりすると思うのですが、勉強もして、女性割引の課題もこなして…だと、かなり本気でやり方を考えないと、いくらたっても前に進みません

 

女性割引適用者は、仕事をしながらとか、毎日旦那さん子供の世話をして、とかの方も多いと思います。

その中で、家族の理解だったり、時間の確保だったり、というのはウェブカツに入部するにあたって、必須になってくると感じています。

(私も、2年前、1歳の子供を育てながら、プログラミング学習ではないものの、ブログ開設、アフィリエイト記事を毎日やってきましたが、家族の理解がないとできなかったです。

それによって子供や主人との関係が悪化したりもしたので、家族とは事前にしっかり話し合っておかれることをおすすめします。)

 

ただ、その中でも、「覚悟」と「ある程度の時間」が確保できる人には、ウェブカツは相当おすすめですね。

プログラミング初学者の方、ウェブカツを迷われている方の参考になれば、嬉しいです。

 

 

-ウェブカツ

Copyright© ぷちままのブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.